English

ホーム > 酒蔵花の舞のこだわり|蔵(工場設備)

蔵(工場設備)

皆様においしい地酒を楽しんでいただけるよう、花の舞では常に品質の向上と安定した品質の商品を作る為のこだわりに努力を惜しみません。

蔵・工場設備

創業は元治元年(1864)。平成2年(1990)には普通酒を全廃して全量特定名称酒に切り替え、設備投資し完成した新醸造蔵や、平成15年(2003)に設置した大吟醸専用仕込蔵、平成16年(2004)には製品工場<洗ビン・ビン詰・パストゥライザー(ビン火入)・検品・ラベル貼り>の新築など、皆様の信頼と期待にお応えするべく日々改善を続けております。


※写真左から新仕込み蔵:大吟醸専用仕込蔵:瓶詰め工場

音楽が流れている蔵

花の舞の仕込み蔵では音楽が聞こえてきます。蔵人が聴くために流しているのではありません。胎教に音楽が有効だと言われていますが、それと同様に、仕込んだもろみがいい発酵をするように音楽を流しているのです。