English

ホーム > 酒蔵紹介|花の舞の歴史

花の舞の歴史

創業元治元年

花の舞の創業者、高田市三郎が遠江国あらたま村宮口で清酒製造業を始めたのは江戸末期の元治元年、1864年です。
元治元年はペリーが浦賀に来航した11年後、桜田門外の4年後、大政奉還の3年前に当たります。
花の舞の銘柄は天竜川系に古来から伝わる奉納おどり「花の舞」に由来します。蔵の大屋根は今も創業当時の面影を残しています。

花の舞の歴史

1864年 元治元年 高田市三郎、遠江国あらたま村宮口で清酒醸造業を創業する。
1949年 昭和24年 引佐酒造株式会社(花の舞酒造の前身)を設立する。社長に高田利一就任。
清酒製造免許を取得する。清酒「花の舞」の醸造を開始する。
1956年 昭和31年 花の舞酒造株式会社と改称する。
1973年 昭和48年 高田和夫27歳の若さで社長に就任する。
1978年 昭和53年 本醸造「つう」発売開始。
1983年 昭和58年 焼酎乙類製造免許を取得する。
1984年 昭和59年 本格焼酎「粋人」発売。
1985年 昭和60年 「秘造り大吟醸」「純米生酒」発売開始。静岡支店開設。
1986年 昭和61年 リキュール類製造免許取得。
全国新酒鑑評会「金賞」初受賞。
1988年 昭和63年 新酒味見会「酒蔵開放」始まる。
1989年 平成元年 地元の契約農家で酒造好適米の栽培を始める。
1990年 平成2年 新酒造蔵完成する。「吟醸生酒」登場する。
普通酒の製造を中止。特定名称酒のみの製造を行う。
1991年 平成3年 社員から初めて「土田杜氏」誕生。
1992年 平成4年 全国新酒鑑評会「金賞」受賞。
地元産の酒米「五百万石」を使用した酒が完成。
1993年 平成5年 貯蔵用冷蔵庫を新設する。屋外55キロリットルタンク2基設置。
「純米大吟醸」発売開始。
1994年 平成6年 全国新酒鑑評会「金賞」受賞。精米工場を新築する。
1995年 平成7年 前田美波里命名の純米大吟醸「ほほほ」発売開始。
1996年 平成8年 三大鑑評会において花の舞三冠達成。
(静岡県新酒鑑評会「県知事賞」、名古屋国税局新酒鑑評会「局長賞」、全国新酒鑑評会「金賞」受賞)
1997年 平成9年 長期熟成米焼酎「阿茶の局」発売開始。
香港に輸出を開始する。
「静岡山田錦研究会」発足。花の舞事務局となる。
1998年 平成10年 4年連続で静岡県新酒鑑評会「県知事賞」受賞。
55キロリットルタンク4基設置。
1999年 平成11年 創業135周年、会社設立50周年を迎える。
アメリカに輸出を開始する。
2000年 平成12年 純米吟醸「青い花の舞」発売開始。
全国新酒鑑評会「金賞」受賞。
シンガポールに輸出を開始。
2001年 平成13年 純米酒「白い花の舞」「超辛口」発売開始。
2002年 平成14年 モンドセレクションで「純米大吟醸」が「金賞」受賞。全国新酒鑑評会「金賞」受賞。
東京支店を開設。
使用する米のすべてが地元静岡県産米となる。
2003年 平成15年 モンドセレクションで2年連続「金賞」受賞。
最高級酒「極みの大吟醸」を限定発売する。
大吟醸専用仕込蔵を設置する。
2004年 平成16年 創業140周年を迎える。製品工場を新築。
2005年 平成17年 全米日本酒歓評会「金賞」受賞。
2006年 平成18年 静岡県新酒鑑評会「県知事賞」受賞。
2007年 平成19年 低アルコール微発泡清酒「ちょびっと乾杯」発売。
2009年 平成21年 静岡県産マスクメロンを使用した「ぷちしゅわメロン酒 ちょびっと乾杯」を発売。
2010年 平成22年 モンドセレクションで「ちょびっと乾杯」が「金賞」受賞。
静岡県産章姫イチゴを使用した「ぷちしゅわイチゴ酒 ちょびっと乾杯」を発売。
2011年 平成23年 モンドセレクションで「ちょびっと乾杯」が2年連続「金賞」受賞。
静岡県産ブルーベリーを使用した「ぷちしゅわブルーベリー酒 ちょびっと乾杯」を発売。
2012年 平成24年 名古屋国税局酒類鑑評会品質評価にて大吟醸、本醸造つうが優等賞を受賞。
モンドセレクションで「ちょびっと乾杯」が3年連続「金賞」受賞。