Abysse(アビス)

Abysse(アビス)

通常の日本酒造りに使われる酵母でなくワイン酵母を使用した日本酒です。ワインのような酸味とほのかな甘みが飲みやすさを演出します。

柑橘系果実、スイカズラを想起させる穏やかな花の香り。
アタックは穏やかで、主張はあるが黒ブドウに似た、角の取れた酸味が感じられます。米由来のやさしい甘さがまろやかに広がるとともに、グレープフルーツを思わせる軽快な苦み・渋みが存在し、より一層、米の甘さを引き立たせます。後半に適度に苦みがあることにより、味わい全体にメリハリを感じさせます。そして余韻に感じられる旨味は、熟成によって引き出される味わいで、最初に感じた味わいからギャップがあり充足感に繋がります。

アビスは、温度によって大きく味わいが変化します。
しっかり冷やした状態では、フレッシュな酸味と上品で軽快な苦み・渋み。温度上昇によって、米由来の優しい甘味を感じ、後半に現れる熟成による旨味をより一層感じられるようになります。

カテゴリー生酒
原料静岡県産米
精米歩合60%
アルコール度数12.0%
保存方法要冷蔵。開封後はお早めにお召し上がりください
内容量 / 本体価格720ml / 1,500円
300ml / 630円

味わい

おススメの呑み方

ペアリング

白身魚のムニエル、ソテー、ポワレ
酒の持つ上品な甘さと滑らかな酸、ミネラルが白身魚の旨味を引き立てます。また、料理の持つコクがAbysseの味わいに樽熟成のようなリッチさを与えます。

鶏モモ肉のクリーム煮
Abysseに潜む苦味がクリーム煮の甘さと対比をなし、料理の味わいを一層引き立てます。冷えた状態から少し温度を上げてお楽しみください。

花の舞オンラインショップ